Loading...

BitZenyFaucet

microzenyを利用したFaucetの作り方!

0.準備物

  • 配るBitZeny(microzeny様がβ版につき、少量がお勧め
  • faucet-script
  • Twitterアカウント(microzenyと連携するため
  • Googleアカウント(reCAPTCHAを使用するため
  • PHP, MySQLが使えるサーバー(筆者はXreaを利用しています
  • (広告タグ等)

1.設定

まず、準備物に書いているfaucet-scriptを展開します。
次に、faucet-script-master→libs→「config.php」を開きます。



Faucet管理用ユーザーアカウントのIDとパスワードを変更してください。

それが完了したら、サーバーの用意をします。
以下のサイトを参考にサーバーの会員登録まで済ませてください。

ネットオウル会員登録方法

会員登録が完了したら以下にアクセスしてください。

サーバーのお申込み プラン選択

こんな画面が表示されるので「フリー PHP+MySQL」を選択。
次の画面で任意のドメイン(FaucetのURL)を入力し、規約を読んで同意される方はチェックを入れて次へ。
そのまま最後まで進めていった後、以下にアクセス。

StarServerサーバー管理ツール

開いたら、データベース設定でMySQL追加とMySQLユーザ設定にて任意の文字列で追加してください。
完了したら、MySQL一覧に作成したデータベースが出るかと思いますので権限追加可能ユーザから先ほど作成したユーザを選択し「権限追加」をしてください。
また、その下に表示されているMySQLホスト名をコピーしておいてください。
ex.) mysqlX.php.starfree.ne.jp

終わったら先ほどの「config.php」に戻り、

dbHostの“”内にコピーしたホスト名
dbUserの“”内に先ほど設定したユーザ名
dbPWの“”内に先ほど設定したユーザのパスワード
dbNameの“”内に先ほど設定したデータベース名を入力します。

これでローカルでの設定は完了。

ローカルのこれら全てをFTPでアップロードしてください。

FTPアカウントの作成と接続方法に関しては調べれば出てくるので割愛します。

アップロードが完了したら、

http://{設定したドメイン}/install.php

にアクセスします。
文字列が出てきたら設定が完了していますので

reCAPTCHA

へアクセスしたら、GoogleアカウントにログインしてRegister a new site欄のLabelにはわかりやすい名前、Choose the type of reCAPTCHAはreCAPTCHA v2,Domainsには(http:// を除いた)FaucetのURLを入力します。
Accept the reCAPTCHA Terms of Service.にチェックを入れた後「Register」を押します。
するとサイトキーとシークレットキーが発行されるのでそれぞれ

http://{設定したドメイン}/admin.php

のSecurityタブにコピペしてください。(下のSaveを忘れずに。

3.microzenyへの登録

microzeny faucets
にアクセスして、最下部のfaucet ownerにアクセスします。
「新しくFaucetを作る」より、名前と説明、URLを入力し作成するとkey_から始まるAPIキーが発行されるので、コピーして

http://{設定したドメイン}/admin.php

のGeneralタブのMicrozeny Faucet Api Keyにコピペしてください。(下のSaveを忘れずに。

4.最後に

microzeny faucets > deposits
の「新しく入金する」より、発行したアドレスに向けてFaucetで配布用のBitZenyを送金してください。

以上で完了です。

http://{設定したドメイン}/index.php

があなたのFaucetです。
Twitterなどを活用して利用者を増やしてみてください!

筆者の作成したFaucetは以下です。
良ければご利用ください!

SNSでシェアしてね!

Leave a Reply