Loading...

BitZenyGitHub

爆速GitHub issue 入門―アカウント作成編

GitHubのロゴ

※Gitの使い方とかは一切教える予定はありません。
簡単なissueの使い方のみです。Gitが知りたい人はQiitaとか見ることをおすすめします。


前回、GitHubで議論が行われていることは紹介しました。
今回から、実際にGitHubで議論に参加する方法を解説します。
GitHubが信頼できない方向けに言うと、GitHubは英語の意味不明な詐欺サイトではないし、(最近、マイクロソフトに買収された、優良有名なサイトです。)
僕は金を一銭ももらってません。むしろよこせ
どうぞご安心ください。

アカウントを作る編

まず今回は、議論への書き込みに使うアカウントを作るところから始めましょう。

GitHubにアクセスします。
この画面になりましたか?(ちなみにPC版です。
)
なってない場合は、画面右上のSign upを押すと登録画面にいけます。(登録内容や手順は特に変わりません。)
GitHub トップ画面
では、こちらに必要事項を書いて行きましょう。
Usernameがユーザー名、Emailがアカウントで使用するメールアドレス、Passwordがアカウントのパスワードです。
まんまですね。

では必要事項を埋めたら、緑色のボタン、Sign up for GitHub を押してください。

こんな画面に移ると思います。
プラン選択

  • 有料プランにする?
  • 組織アカウント用のヘルプいる?
  • GitHubのニュースいる?

といった感じのこと聞かれてます。
今回は何もいじらなくてOKです。
何もいじらずに、さっきと同じように、緑色のボタン、Continueを押してください。

さて次はアンケートです。
アンケート
面倒くさい場合は答えなくていいです。
解説が面倒くさいので今回は答えない方針で。
右下のSkip this stepでスキップできます。

すると、こんな画面になると思います。
登録完了
残念ながら、まだちょっと終わりではないです。

では最後のステップです。
登録したメールアドレスの受信トレイを確認してください。
こんな感じのメールが届いてると思います。(届いてない場合は、迷惑メールにされていないか確認するなどしてください。また、時間差で届くこともあります。)
受信メール

Verify email addressを押します。
さっきと同じような登録完了に飛ぶと思います。

ここで、もう1度メールの受信トレイを開いてください。
このようなメールが届いたら、アカウント作成完了です!
メール認証完了


いかがだったでしょうか。
結構簡単で拍子抜けした方も多いのではないでしょうか。
(個人的には、Twitterのアカウント作成のほうが難しいと思います。)

次回からは、実際にissueに書き込みを行う方法を解説します。
それではまた~
ごま油でした。

SNSでシェアしてね!

Leave a Reply